So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)

【菅ぶら下がり】(10日夕)

 菅直人首相は10日夕、今国会の会期延長問題について、「国民新党との間で、話し合いが何らかの形でつくんじゃないかなと期待している」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

 【国会会期】

 −−国会の会期について、参院民主党側は国会の会期を延長すべきではないとしているのに対して、郵政改革法案の今国会での成立を求めている国民新党は連立離脱も辞さずとしている。こうした状況を受けて首相としてはどう対応するか。きょう中に結論は出すのか

 「今、官房長官と、それから幹事長と、たぶん国対委員長も交えて、参議院の議員会長ともいろいろと相談をされていると聞いています。まあ、あの、何とか、そういう形で、あのー、国民新党との間で、話し合いが何とかの形で、何らかの形でつくんじゃないかなと期待しています」

 【参院選】

 −−首相は記者会見で参院選の獲得議席目標に関して、前回の6年並みとおっしゃった。すなわち50議席ということで、これでは民主党単独過半数に達しない。現在、国民新党が連立からの離脱も辞さないという構えの中ではねじれ国会の再来の恐れもある。民主党は参院選に向けて新たな獲得議席目標の設定、ないしは戦略の見直しも考えているか

 「私が記者会見で申し上げたのは、今回改選する議員のみなさんは6年前に当選された方ですので、この間かなりですね、難しい状況が民主党、続いていましたから、非常に予測も低かったものですから、まずは6年前いただいた議席をクリアすることが、まず今における目標ではないかと。それは今でも私自身はそんなふうに思っています」

 「もちろん、それを超えて、さらに伸ばすことが大変そうあればいいなと思っていますが、まず第1段階としては、6年前の議席を再度確保する。それを1つの第1の目標にしていきたいと思っています」

 【国会会期】

 −−先ほど国民新党との話し合いで何らかの形で話がつくことを期待しているとおっしゃったが、首相としてベストな話の形はどのようなものを描いているか

 「今、関係者が話をしているところですから、何がベストとか、ベターとかですね、やっぱり話し合いをする中で、何らかの方向を出していくということが政治家のいわば役割ですから、私は何らかの結論が出るだろうと。いい意味でですね。そう思っています」

【関連記事】
菅首相、不透明な対北朝鮮スタンス
菅首相のスーツ袖にタグ あわただしく新調か
「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」
【取材最前線】着せ替え人形じゃあるまいし…
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅氏、今夕出馬会見へ=対抗馬の有無焦点―民主代表選(時事通信)
官僚と上手にやって=菅氏夫人(時事通信)
富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
日数制限撤廃で「全人的リハビリ医療の再構築を」(医療介護CBニュース)
<みんなの党>参院選比例代表に米田雅子氏を擁立(毎日新聞)

岡田外相 イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)

 岡田克也外相は31日、外務省の飯倉公館で、国連安全保障理事会で追加制裁決議が検討されているイランの核開発問題をめぐり、同国のモッタキ外相と会談した。

 岡田外相は、イランがブラジルトルコと低濃縮ウランの国外搬出について合意したことを評価。実行への期待感を表明する一方、「ウランの濃度20%への濃縮活動をただちにストップしない限り、追加制裁は避けられない」として、安保理や国際原子力機関(IAEA)の決議に従うよう要請した。

 これに対し、モッタキ外相は「核開発は平和利用目的」とする従来の主張を繰り返し、「(国外搬出の)合意がなされた以上、制裁は必要ない」と強調した。

 今回の外相会談は、イランの要請によるもの。イランは、安保理の各理事国を訪問し、追加制裁決議に応じないよう説得活動を行っている。日本は現在、非常任理事国を務めている。【吉永康朗】

【関連ニュース
岡田外相:「率直に認める」普天間移設5月決着できず
日米外相会談:「北朝鮮に圧力」連携 普天間決着へ協力
哨戒艦沈没:韓国政府を支持 岡田外相
日中韓外相会談:韓国艦沈没「調査見守り」
日中外相会談:核削減、中国に要求 ヘリ接近に懸念も

九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)
南アW杯 岡田監督ら表敬訪問 首相と幸夫人にユニホーム(毎日新聞)
初期の休校が流行抑えた―新型インフルでWHO担当者(医療介護CBニュース)
需要不足、なお年25兆円=デフレ環境続く―1〜3月期(時事通信)
<口蹄疫>鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談(毎日新聞)

警察官の「防護衣」には左胸部など3カ所に損傷が(産経新聞)

【法定ライブ 秋葉原殺傷 第9回公判】(3)

 《事件現場となった秋葉原の中央通り交差点近くに勤務する目撃者の男性証人に対する弁護側の尋問が終了した。続いて検察官が証人に、現場の見取り図に証人が書いた加藤智大(ともひろ)被告(27)や加藤被告のトラックがどこにいたかを示した記号の追加説明を求めていく》

 検察官「ちょっとだけうかがいます。図面の補充などです。トラックの位置を先ほど書いてくれましたが、図面に『トラック』と書いてください」

 《検察官は証言台の証人のそばに立って指示した》

 検察官「マル1からマル6の男の位置について、マル2とマル3は男が移動した方向を矢印で書いてください」

 《同様に矢印を書く証人。法廷内の大型モニターに証人が矢印を書く様子が映し出される》

 《続いて、3人の検察官は、現場で撮影された写真を証人に示した》

 検察官「この画像にはあなたは写っていますか」

 証人「はい」

 検察官「黒ボールペンで囲ってください」

 《証人は指示通り、写真に写った自身を囲ったようだ》

 検察官「これはガードレールに乗っている場面ですか」

 証人「そうですね」

 検察官「どういう場面ですか」

 証人「ごめんなさい。記憶にないです」

 検察官「覚えていない理由は?」

 「自分自身パニックになっていたので…」

 検察官「写っているのはあなただが、記憶にありませんか」

 「はい」

 《証人は最後に勤務先を赤丸で囲み、図面の補充は終了した》

 裁判長「弁護人は質問ありますか」

 弁護人「ありません」

 検察官「検察官から1つだけ。先ほどの証言で、警察官が中央通りの交差点の南から走ってきたというのは確実ですか」

 証人「はい」

 《加藤被告を取り押さえた警察官が、中央通りのどこから走ってきたのかを確認する検察官》

 検察官「これまでの裁判では北から走ってきたというのはたくさん証言があったが、北からの間違いでは?」

 「僕の記憶では間違いないです」

 検察官「覚えているのを正直に言ったということですか」

 「はい」

 裁判長「それでは審問としては終了します。印をつけたものがあるので、それらに今日の日付とお名前を」

 《検察官らが証言台の証人を取り囲み、名前を記入する場所などを指示した。証人は書面や図面をめくりながらサインした。傍聴人や加藤被告はその様子をじっと眺めていた》

 裁判長「証人はおつかれさまでした。退廷してください」

 《男性は証言台で裁判長に一礼、そして法廷の出入り口前で一礼して退廷した。続いて証拠調べに移る》

 裁判長「検察官は準備は良いですか」

 検察官「はい。それでは証拠を展示していきます」

 《白い手袋をした検察官が、現場で加藤被告に傷つけられた警察官の防護衣などを裁判長や傍聴人に示しながら、証拠調べを進めていく》

 検察官「この耐刃防護衣には正面と背面に『警視庁』と書いてありますが、正面の『警視庁』の字の所に3カ所損傷があります。また、左胸部、側胸部に刃物で切られたことによる損傷が認められます」

 《紺色の防護衣を弁護人、続いて裁判官が確認した。加藤被告も弁護人が防護衣を確認している様子を見つめている》

 検察官「耐刃防護板を展示します。こちら金属製のもので、左胸に斜めにこすりつけられた損傷が認められます」

 《防護衣の中身である小さな板を何枚も組み合わせて作られた6角形の金属板を弁護人、続いて裁判官が確認した。静かな廷内に金属の「カチャカチャ」という音が響く》

 検察官「続いて耐刃防護板カバーを展示します。白色の布製だが1カ所穴が空いているのが分かります」

 《同様に弁護人、裁判官が確認した》

 検察官「続いてサイドプロテクター1組を展示します。こちら2つで1組で、片方は縦に流れるようにこすれた跡が付いているのが認められます」

 《同様に、検察官が両手で持ち上げて傍聴人らに展示した後、弁護人、裁判官に示された》

 検察官「最後にサイドプロテクターカバーを展示します。紺色の布製で2つのうち1つにはサイドプロテクターカバーと書いてある布が張り付けられていますが、そこにちょうど穴が空く形で損傷があります」

 《検察官が同様に持ち上げて展示した後、弁護人、裁判官が確認した。加藤被告は時折、弁護人の様子に目をやっている》

 検察官「証拠物の展示は以上です。証拠は、午後の証人尋問で証人に示して使用します」

 裁判長「証拠物を午後使うのは、もちろん認めます。午前中の証拠調べの予定はここまででよろしいですか」

 検察官「結構です」

 裁判長「証人尋問の時間が短めだったので、午前はこれで終了。午後1時30分から再開とします。それでは被告人は退廷してください」

 《午前の審理は終了。加藤被告は傍聴席に向かって一礼して退廷した》

 =(4)に続く

【関連記事】
秋葉原17人殺傷事件 法廷ライブ一覧
(2)目撃者「まるで時代劇の立ち回り」 秋葉原殺傷第9回公判ライブ
(1)「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言 秋葉原殺傷第9回公判ライブ
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言
AKB48が秋葉原で飲酒運転撲滅呼びかけ

小さな日本代表「W杯で頑張る」 エスコートキッズ(産経新聞)
<将棋>「勢いの3連覇」から14年 羽生、円熟の栄冠(毎日新聞)
大阪で行方不明女性の遺体発見、元上司を逮捕(読売新聞)
被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)
<医療事故>ガーゼ取り残し、25年後に摘出 長崎(毎日新聞)

【党首討論速報】鳩山首相「私は愚かかもしれない」(産経新聞)

■鳩山由紀夫首相は21日の党首討論で、自民党の谷垣禎一総裁から米紙ワシントン・ポストに「愚かだ」と酷評されたことを指摘されて「私は愚かな総理かもしれない」と述べた。

ワシントンで12日夜(日本時間13日午前)に行われた日米非公式首脳会談が核安全保障サミット夕食会の冒頭の10分間にとどまったことについて「少なくとも(日本)政府の案が必ずしもしっかりと決まっていない中で、長い時間(の公式首脳会談)よりもワーキングディナーがいいとオバマ大統領が判断した。10分以上の時間があればよかった」と述べた。

■自民党の谷垣禎一総裁から米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の決着時期を問われ「5月末までに決着させる思いは変わらない。時期は変えない」と述べた。

■米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設交渉について、「腹案を持っているのは事実だ。(移転先となる)地元よりも、まず本当に腹案が米国に理解されるかどうかを水面下でしっかりやりとりしなければならない。米国が理解を示さないうちに地元に『こうなるから』と言っても迷惑をかける」と述べ、移設先への説明は、米国の同意を得た後になるとの考えを示した。

■米軍普天間飛行場の移設先について、野党時代に「少なくとも県外」を目指すと主張していたことについて、「今でも県外に移設先を求めていきたいという気持ちは変わっていない。沖縄県民の思いを理解しながら、負担をできるだけ軽減していかなければならない」と述べた。

■自民党の谷垣禎一総裁から米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題の決着に向け「職を賭すか」と迫られ、「自分自身の覚悟を示しながら行動している。従って5月までに期限を切って行動している」と述べた。

【関連記事】
公明・山口代表、民主「政治とカネ」より厳しい対策を
郵政見直し「理解に苦しむ」、経済同友会代表幹事
官房長官、なお徳之島3町長との会談模索 会談要請は「独断で」
「5月末までには五月晴れに」徳之島の普天間移設拒否で首相
勝負の電話…首相「存ぜぬ」 政権崩壊過程物語る意思疎通の欠如
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

首相に米訪問を説明=共産・志位氏(時事通信)
遅発性悪心・嘔吐を防ぐ制吐剤を新発売―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
宗達「松島屏風図」複製 100年ぶり堺に里帰り(産経新聞)
<伊賀市>20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
<普天間問題>鹿児島県内への移設反対派が集会(毎日新聞)

求む先生、競走率高い県で1次突破なら筆記免除(読売新聞)

 神奈川県教育委員会は7月に実施する公立小学校教員採用試験で、青森、山形愛媛沖縄の4県で昨年に筆記試験(1次試験)を通過した受験生の筆記試験を免除する。

 4県は競争率4・7倍〜25・2倍。団塊世代の大量退職で採用人数を増やした神奈川県の競争率は2・5倍前後と低迷しており、優遇策は地方出身の優秀な人材を確保するのが狙いだ。

 発表によると、対象者は、7月11日に実施する筆記試験(一般教養・教職専門、教科専門)と論文試験を免除され、8月の面接試験と模擬授業に進む。採用予定は全体で580人程度で、一般の筆記試験通過者とともに最終選考を受ける。

 神奈川県の競争率は全国最低レベル。同様に低競争率に悩む東京都が地方会場での試験開催に踏み切るなど、首都圏の自治体が人材確保策を進めているため、危機感を強めていた。

教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足(産経新聞)
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
東寺 「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
監禁容疑で10人目逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)

<京阪電鉄>開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)

 京阪電気鉄道は15日、開業100周年を迎え、中之島駅(大阪市)で記念式典を開いた。上田成之助社長は「進取の精神で、沿線の活性化と発展に貢献したい」と述べ、記念ヘッドマークを装着した出町柳(京都市)行き快速急行の出発を見送った。

【滋賀、大阪】40年ぶり復活!!

 実業家の渋沢栄一らが1906年に設立。10年に天満橋(大阪市)−五条(京都市)間を開業した。現在は、遊園地「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)の運営や住宅販売など幅広く手掛ける。

 100周年を記念し、グループ各社でイベントを実施中。ホテル京阪(9店舗)では、小学生以下の子供を対象に、100点の答案用紙持参でビュッフェが無料になるサービスなどを展開。また京阪三条駅(京都市)では、開業から現在までの歩みを紹介する写真展を6月30日まで開催している。【新宮達】

【関連ニュース
坂本龍馬のパネル:京阪・中書島駅ホームに見参 町家風の待合室も /京都
洛書き帳:ひらかたパーク(大阪府枚方市)で始まった… /京都
【大阪】春のひらパー

民主、新人議員研修を終了へ(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
夫婦げんか、灯油まき火? 大阪で主婦が死亡(産経新聞)
<空自談合>国交省が指名停止処分(毎日新聞)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)

スーパー耐性菌、国内で初確認=海外からの流入に懸念−千葉(時事通信)

 抗生物質が全く効かなくなった新たなタイプのアシネトバクター菌に感染した患者が、国内で初めて確認されたことが7日、分かった。海外で感染したとみられ、専門家はこうした多剤耐性菌が国内に持ち込まれて広がる恐れを指摘している。
 確認した千葉県船橋市立医療センターによると、昨年7月上旬、米国の病院から転院してきた20代外傷患者の状態が良くならないため検査したところ、国内で使われているすべての抗生物質が効かないアシネトバクターが検出された。直ちに院内感染の防止策を取ったため、感染の拡大はなかった。患者はその後治癒し、退院した。
 アシネトバクターは皮膚や自然環境中に常在し、健康な人には無害だが、免疫力の落ちた入院患者に感染すると生命にかかわることもある。
 耐性菌に詳しい池康嘉群馬大教授によると、複数の抗生物質が効かないアシネトバクターは福岡大病院などでも見つかっているが、確認されたのはより耐性が強いタイプ。同教授は「今回は防げたが、海外から多剤耐性菌が持ち込まれ、院内感染が広がる恐れがある」と警告。海外の抗生物質の不適切な使い方が原因で誕生していると推測できるという。 

「甲州ワイン」欧州輸出へ=国内初、原料ブドウ登録−山梨県(時事通信)
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監−警視庁(時事通信)
「奥西死刑囚の釈放を」=支援者ら要請、名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
<入学式>元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校(毎日新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)

<日本医師会館>届いた鉢植え、突然発火 けが人なし 東京(毎日新聞)

 2日午後1時35分ごろ、東京都文京区本駒込2の日本医師会館に届いた鉢植えの包装を職員が解いたところ、突然発火し、床が直径数十センチ焼けた。けが人はなかった。警視庁駒込署は脅迫容疑で捜査している。

 同署によると、包装を解いたところ、数十センチの火柱が上がり、水をかけるなどして消火した。送り主は都内の個人名になっていたという。同会館は1日に、日本医師会の会長選投開票が行われたばかりだった。【馬場直子】

【関連ニュース
日本医師会長選:原中勝征氏が初当選 自民離れ加速も
認知症予防財団:東京で設立20年パーティー
【新刊本】『医療崩壊 医師の主張』=唐澤祥人・著
認知症予防財団:東京で設立20周年記念パーティー
日本医師会:新会長に原中氏 「親民主」自民離れ加速も

最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
<死傷事故裁判>刑猶予に異例の控訴…被害者陳情、実を結ぶ(毎日新聞)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)

原爆症申請却下を取り消し=長崎入市の女性−高松地裁(時事通信)

 被爆者援護法に基づく原爆症の認定申請を国が却下したのは違法として、長崎で入市被爆し、肝臓がんを発症した高松市在住の女性(74)が処分取り消しと300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、高松地裁であった。吉田肇裁判長は、肝臓がんを原爆の影響と認め、却下処分を取り消した。損害賠償請求は棄却した。
 昨年8月6日に原爆症訴訟の原告側と国が締結した確認書で、一審勝訴の原告に対し国は控訴しない方針を決めており、この判決により女性は原爆症と認定される。 

【関連ニュース
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
原告側4人が上告断念=原爆症愛知訴訟
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決
「欺き続けた責任重い」=被爆者らが憤りの声

<公務災害>教諭自殺の背景 生徒の暴力認定 大阪地裁(毎日新聞)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
<いじめ調査>「学校側に不合理な点なし」名古屋地裁判決(毎日新聞)
平野官房長官、沖縄知事と今夜会談=普天間、検討状況説明へ(時事通信)
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。